スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新調、そば包丁

昨夕から強い西風が吹いています。気温はまだ15℃前後ですが、風向きや風の吹き方が冬型です。冬が早く来て、そして春も早く来る、そんな気候になるのかもしれません。さて、「そば包丁」を新調しました。浅草合羽橋のつば屋さんで作ったそば包丁です。このタイプの定番品だと2万7千円~2万9千円するんですが、柄が少し違うお徳用で1万6千円のにしました。いつもそば粉などを買っている信州の大西製粉さんのオリジナルのようです。このそば包丁は10月26日の日曜日から使い始めました。10年は研がなくて大丈夫と云うことなので、暫くはこの包丁で行けます。

PA250047.jpg PA250050.jpg PA250052.jpg
スポンサーサイト

そば包丁のこと

いま使っている「そば包丁」、あの震災の津波で濡れたままにしていたので錆びが出たり、かなり使っているので研ぎに出したら、この包丁は研げない何て云われたりして、そろそろ替え時かなと思いつつ使ってました。「この包丁は研げない」と云うのは包丁研師の技量か?と思ったのですが、ネットでいろいろ見ているうちに、なあんとなく分かりかけました。いま使っているのは確かヤフオクで買ったのですが、いわいる規格外品やB級品、或いはニセモノと云うこともあるらしい。やはり確かな包丁店から買うのが一番のようです。まあ良いものを安く買いたい私、包丁店のプロが見れば規格外品でも切れないことはない訳で、ネットなどでそれなりに売っていても私には見抜けない訳ですし、その辺の絡繰りが少し分かった気がします。こんどは、このつば屋のそば包丁のような研ぎ師が研げる包丁を買います。
sd_006s.jpg
プロフィール

ルビタキ:

Author:ルビタキ:
宮城県石巻市在住

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。