スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡波(わたのは)はどうなっている

12日の朝、少し空腹を満たし、明るくなったころに行動開始、
二カ所に分かれた退避エリアに行ってみることに行動開始した。

構内のガレキがすごい、ドロもすごい、とごも一階は壊滅状態
なれども、二階は大丈夫、津波はザッと見て7メートル来たか。

ラジオの音が聞こえる、会社の二階エリアから、懐中電灯など
防災グッズになりそうなものが少し集められ、一つにまとめた。

周辺の偵察に出ることにして、何班かに分かれ出ることにした。
近くのスーパーから構内に食料が流れ着いていて、少し食料を
確保出来たり、冷蔵倉庫に惣菜品があったり確保が次第に進む。

会社から日和大橋の方には行けそう、市立病院には行けるかな、
湊中学校には行けるだろうか、皆んなの帰宅ルートはどうか。

本格的に周辺偵察の行動を開始する。日和大橋の方から歩いて
来る人達が居るので、たぶん市立病院までは行けるのではないか。

私は留守番組になった、知らない人が会社の前の道路を歩く、
一階は水没したとは云え、留守番組で防犯の対策を考え始める。

昼前に偵察組が戻り、路上での情報交換もあり、帰宅できそう
なルートも分かりつつ、帰宅出来そうな人は帰宅をし始めた。

石巻市街からのルート、渡波からのルート、何とかあるようだ。
それと魚町から湊中学校へのルートは何とか作れた様子がある。

女川や水明町、湊町の女子社員と中国実習生は湊中学校に避難、
避難と云っても安全なだけで、食料や水の確保は出来ていない。

矢本赤井の方へは、リーダーと班を作って貰い帰宅の途に着く。
渡波の方は、大丈夫のようなので自主的に帰宅して行きました。

昼になり気温も上がり、かなりの情報交換も出来るようになる。
国道398号に出れば「何処から来たの」と聞いて情報を収集、
「○○から来たよ」これでルートが判断出来るので助かりました。

また焼き魚と、拾った缶詰などで昼食をとり、次の対策を練る。
たぶん自宅は住めない、と判断出来る社員は「泊まる準備を」、
「遠くなので今夜も泊まってから行動する」など10人程居る。

安全と防犯、食料の確保、などなど、かなり疲れた記憶がある。
午後2時ころ、鹿妻(かづま)の同僚が帰ると云う、途中までは
一緒に行けるので、帰ることを決断して残る10人に後を託す。

暗くなるのは午後5時として、あと3時間程、着けるかなぁ~

長靴はないので、長靴サイズの防寒靴を履いたが歩きづらいよ。
側溝の蓋が開いて怖いので長い棒を持った、散乱している食料
や飲料を拾いながら歩いた、ドロドロの道路は滑りにすべった。

職場から自宅までは4キロちょい、クルマだと10分足らずかな、
同僚の住む鹿妻まで1時間以上かかり到着して更に自宅に向かう。

ここからは、知っている限り知人の家の確認をしながら歩いた。
国道398号から内陸に入ると、ドロも少なく歩きやすい道路、
歩く人も多くなり渡波地区は内陸にいくほど津波被害は少ない。

うちはどうだ、ワンは生きているか、とまとんは帰っているか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ルビタキ:

Author:ルビタキ:
宮城県石巻市在住

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。