スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後四時ルール

13日、三日目の朝、いつもの時間に目覚ましで目覚める。
3時35分、まだ外は真っ暗、毎朝の真向法、柔軟体操の
スペースもないけど、やっと生きていると云う実感わいた。

こっこは元気、でも余震があると吠えまくるのは可哀想だ。
とまとんは帰らなかった、看護師の奉仕をしているのかな。

暗いうちワン散歩をして、エサをやり、一日の行動予定を。
明るくなり、朝ご飯の用意も考え、キャンプ用品を出して、
今夜のからのために少し用意を進め服の準備もしてしまう。

一階の一カ所のベランダ窓、地震の揺れで開いた、隣人に
聞く、ワンは一晩中、この開いた窓の前で吠えていたとか。

10時、身支度をして、家から長浜の方に向かい行動開始、
たぶん距離は1キロ、勿論道路はない、瓦礫ではないよね、
壊れた家々を超え、路地を越え、長浜海岸まで小一時間………

気をつけるのは怪我、瓦礫のクギ、側溝の穴、気をつける。
国道398を歩いて会社に向かう、皆んな歩いていました。

知っている顔、製造確認ができる、何かよそもんもいるなぁ
防犯とか、会社も家も、本格的に考えないといけないねぇ~

家から会社までの約4.5キロ、二時間ちょいかかりました。
昼飯、いろいろ確保されていて、いろいろ満腹に食べました。

打ち合わせして3月17日に集合することにして自宅待機に。

避難所の中国実習生を顔を見て、とまとんが居るであろう?
医師会に行こうか迷うが、「午後四時には帰途に着く」と云う
ルールを申し合わせたので、本日も断念して帰途に着きました。

ハッキリ云って、ここ工業団地には知らない人がウロウロし、
油断していると構内に入り込み、何か物色して持ち去るとか。

物騒なので、やはり行動は午後四時ルールが良かったですね。

どろのようにねむる

こっこは落ち着いたようなので、夜の準備を終えてから、
ディパックやら避難の装備も作り、明日の衣類も準備し、
少し近隣の状態を探索することにして装備して出かける。

と云っても暗くなる前の小一時間、午後6時には帰れる
ようにと、まあ慣れた散歩の行程なので逆算して出発を。

避難所は、渡波公民館、渡波小学校、渡波消防派出所や、
渡波保育所や渡波農協にも避難者が居ることを確認した。

JR渡波駅にも何人か避難者が居る、渡波小への避難者
のクルマだと思うが、駅前は流されたクルマがびっしり。

万石橋に行ってみる、津波の高さ、スピード、強さは?
橋から見える親戚のおんちゃんちは、一階が流れている。

水没しているんで、あそこまでは行けない、湾岸、岸壁、
の方は、特に浸水が多く、行けないところが多くあった。

途中、数人の知り合いと会話を、普段は会うこともなく、
会話することもないだろうが、情報交換は必要なんです。

家に戻り、二階にわずかなスペースを作り座ったけども、
暖房はナシ(数日前に灯油ストーブを一階に)、ロウソク、
厚着をして酒を飲む、こっこのエサの量が心配になるw

備蓄していた飲料水はある、食料もあれこれある、でも
ワンのエサが少ない、長期戦になるのでそう思いました。

昨夜の疲れもあり、こっこと一緒にベットに潜り込んで、
寝ることにする、勿論ね、玄関の鍵は開けたままでした。

もう、どうなっていいんでラヂオのスイッチはOFFに。
きっとこの夜の寝姿は「どろのようにねむる」でしょう。

こっこはおりこうさん

ドアを開ける、いつもならこっこ(パピヨン♀)が飛んで来る。
玄関で70㎝部屋で床上50㎝の浸水があったと推測する。

やはりこっこはダメかと思いつつ呼んでみる「こっこぉ~」
一回呼ぶ、いや二回呼ぶ、ダダダダと云う階段を降りる音、
いやあ、この時のことは忘れられない、生きていたんです。

エサよりもまずは散歩、いつもの散歩コースを歩きますが、
歩道にはガレキがいっぱい、道路も冠水とでこぼこな状態、
それでも、いつものウンチをしていっぱい散歩をしました。

家に津波が充満したとき、どうしていたかは推測するしか
ないけども、二階に上がり一夜を過ごしたのは分かります。

ベットが濡れていたり、サイドボードが囓られていたりと、
あの地震と余震と津波と、怖かった惨状が読み取れました。

階段に置いてあった大きな絵、これが階段を塞いでました、
それでも何とか階段を上がり、避難したオリコウさんです。

ワン散歩が終わり、エサをやりながら、暗くなる前に夜の
準備をしました、お酒とロウソクは懐中電灯などなどです。

サバイバルは、キャンプの要領で出来ますので大丈夫です。
そして、近隣の生存確認を、あれこれ情報交換をしました。

とまとんは帰らず、まあ安全な職場なので業務中なのかと、
思いつつ、あのご遺体がとまとんだったとか、思いが巡る。
プロフィール

ルビタキ:

Author:ルビタキ:
宮城県石巻市在住

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。